【SEO対策】「ブログ記事」を作成するために初心者が気をつけること

この記事は < 1 分で読めます。
概要

初心者がブログ記事を作成するために気をつけることを解説します。「ブログ目標の立て方」、「ターゲットの市場調査方法」、アイデアからの「キーワードの洗いだし」を解説し、どのようにブログを書き出すかの方法を解説します。

本記事の読者層

ブログ初心者の方

ブログ記事のノウハ

近年、ブログはデジタルマーケッティングの中心であり、潜在的な顧客をあなたのウェブサイトに誘導し、ブランドの認知度を高め、業界の権威性を示します。

昨今ではインターネット人口が増えたことで、ネットビジネスを生業(なりわい)としている多くの人々が日々集客力を磨いているおり、戦略なしの成功はありえません。

稼げるブログ記事とは、しっかりした「ブログコンテンツ戦略」(blog Strategy)を立てることです。特定の「戦略目標」を立ててから、コンテンツ内容を磨き向上さえていくプロセスを指します。

特にブログ書き始めの一年目の初心者が、ブログコンテンツ戦略なしにブログに取り組むと空振りに終わる可能性が高いと思われます。

ブログ戦略を使用すると成功の可能性は2倍になります。 初心者が「ブログでうまくいっていないなあ」と悩んでいたら、一度、この記事を最後まで読んでみてください。

ここでは成功するブログコンテンツ戦略の重要な事項を次に解説していきます。

ブログ運営とは

ブログ運営とは、ウェブサイト上に日記や記事などを投稿することで、情報発信やコンテンツ提供を行うことを指します。ブログは、個人や企業など、さまざまな目的で運営されています。

ブログ運営者は、ウェブサイトのドメインやホスティングなどの設定を行い、ブログのテーマやデザインを決定し、記事を執筆するなどの作業を行います。また、ブログの集客やアクセス解析、広告掲載などの運営方法も重要なポイントとなります。

ブログ運営の目的は、情報発信や知識共有、商品やサービスのプロモーションなど、様々です。また、ブログ運営者は、自分の考えや感想を自由に発信することができるため、自己表現の場としても活用されています。

近年では、SNSの普及により、ブログよりも手軽に情報発信ができるようになってきましたが、ブログ運営は、長期的な情報発信やコンテンツ提供を行うことができるため、根強い人気を保っています。

ブログ運営の始め方「ブログを書くための5つステップ」

  1. 戦略目標を定義
  2. ターゲットとするトピックのアイデアやキーワードの洗い出し
  3. ターゲット市場を調査
  4. コンテンツスケジュールの作成
  5. コンテンツ内容をブログ化

目標の定義

ブログ戦略を策定する最初のステップです。

ブログのトピックを明確にし方向性を決定します。

これはタイトル設計に影響を与えるので慎重に考えましょう。

ターゲットとする「人」や「トピックのアイデア」からキーワードの洗い出し

次に読者ターゲットの設定を行います。読者ターゲット(誰が)をもとに、より具体に「何を」、「どのような意図」で知りたいと思っているのか?を検討しましょう。

悩みや問題設定でターゲットを選定することもありです。これを検討することで、検索意図をはっきりとさせることができます。

ターゲットを設定

読者ターゲットを選定: 誰がに相当するターゲットを設定します。会社員なのか、主婦なのか、ブロガーなのか。

悩みや問題設定でターゲットを選定:何をどのような意図で知りたいと思っているのか?どんな悩みを持ってい人なのか?

以下に検索意図について以下で詳しく書かれていますので参照ください。

ターゲット市場を調査

次に、検索意図にあった「キーワード」を設定します。

実は、この検索キーワード戦略上最も重要です。キーワードからターゲット市場調査もこのステージで行います。

検索単語の人気調査を行うことで記事に人気があるかどうかを確認できます。

初心者が、いきなり調査なしに「キーワード」を設定してブログをスタートすると失敗します。ドメインパワーの強大な相手と競合してしまったり、検索ボリュームが多いキーワードを適当に選んだりしてしまい常にランク外となり、ランク上位に上がるのが難しく、時間だけが無残に過ぎ去ってしまいますので注意しましょう。

私は、このキーワードの重要性に気がつくのにブログを始めてから3ヶ月かかりました。興味のある記事を書いては、キーワードがつかないまま記事だけを大量生産していた記憶があります。

キーワードを設定

ユーザーが興味を持つような内容「キーワード」を見つけて、記事を書く習慣を身につけましょう!

以下にターゲット市場の調査方法とキーワードの探し方については以下に書かれていますので参照ください。

コンテンツ運用管理

ブログに掲載するコンテンツを管理します。コンテンツカレンダーを作成すると管理しやすいでしょう。

コンテンツ運用管理の注意点

他のコンテンツとの連携性は十分か?

ブログコンテンツの発信スケジュールが管理されているか?

ソーシャルメディアとの連携には問題ないか?

コンテンツ内容の精査とブログ化

コンテンツ内容

ブログでは、他では書かれていない独自性を持ったコンテンツ作成が求められます。少なくとも全体の30%以上はオリジナルのコンテンツを加えるようにしましょう。

また、信頼性のある情報を発信していることを示す裏付けも大切な要素です。主張する際には妥当な説明を加ことや、権威あるサイトからのリンクを加えることで読者の信頼を得ることが重要です。

さらに、定期的に古いコンテンツを入れ替えて常に新しい情報を維持したり、不要な情報を削除、必要な情報を加筆したりすることでに継続的にコンテンツを管理することが必要です。

このようなことを繰り返すことで読者の目にとまるようになります。いわば継続は力なりです。

コンテンツの3大原則:独創性、信頼性、継続性
  1. 独自性・独創性 (メインコンテンツの充実と魅力的なタイトル)
  2. 信頼性 (索引、妥当的な説明)
  3. 継続性 (常に最新の記事、読者へのレスポンス)

ブログ構成

読者の離脱を防ぐために、ブログ構成において、結論を先に持ってくることにしましょう。

以下のような構成にするのが理想です。特に、よりわかりやすい具体例を示すことは理解の助けになります。

ブログの構成方法

1.結論

2.理由

3.具体例

4.結論

コンテンツの記事量

記事は2000字から3000字程度を目標

キーワードの入れ方

ある程度文章の構成と中身が整い始めたらキーワード調査にて選んだキーワードを文中に埋め込みます。

キーワード検索数やチェックツールは様々あります。より詳細は以下の記事を参照ください。

キーワードの入れ方は以下の通りです。

キーワードの入れ方

タイトル(文字数35文字程度):かならずキーワードをタイトルに入れ込みます。キーワードはタイトルの前半に配置するほど良いです。

メタディスクリプション/metadescription:(文字数120程度) 概要部分に相当する部分です。

見出し/H1(出来るだけ短く):検索キーワードが大見出しの前半にいれる。

中見出し/H2・小見出し/H3出来るだけ短く端的に):検索キーワードは詰め込みすぎない。小見出しに入れる必要は必ずしもない。

本文 (3000文字以上):検索キーワードが本文に入っていること。本文中のキーワードの数は気にしなくても良い。普通にキーワードをいれれば5%程度に収まるはず。

本文中のアンカーリンク(キーワード):内部リンク用

文章の装飾

すばらしいコンテンツにするために、以下のように最後の確認を忘れずに。

すばらしいコンテンツとは

原稿の校正:誤字脱字がないか? 不必要に複雑な用語仕様していないか?

調査結果:統計結果や、ケーススタディ・例題が使用されているか?

メディアリッチ:関連性の高い画像や映像が豊富かどうか?

フォーマット:強調文字・箇条書きリスト・引用などが十分か?

まとめ

本記事のポイント

✔ 稼げるブログ記事は、入念に考え抜かれた記事内容をつくりあげること、すなわち「ブログコンテンツ戦略」を持つこと。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です