ブログ記事のタイトルをPythonで分析:ランキング100位までの統計学的情報に基づいたSEO解析

この記事は 2 分で読めます。

「ブログ記事タイトル付け」は、Google検索の順位ずけで最も重要な要素です。クリックしたいタイトルをTOP100位までのランカーがどのようにつけているのかを統計学的な解析を試みてみました。

ブログ記事のタイトルについて

ブログタイトルの推敲

ブログ記事タイトルの推敲には、次のことが重要です。

①読者が気を引くトピック題材を選定

②題材に必要な適切なキーワード選定

トピック題材を選ぶ際には、「人が困っていてどうしても知りたい情報」を提供することで検索率は上がると思われます。例えば、人が持っている「疑問」や「方法」などを提示するような文章をお題にして、ページ内ではその疑問を解決できる説明や、方法を示す経験談が好まれると思われます。

次に、題材を説明する適切なキーワード選定ですが、検索されやすいキーワードツールを使って事前に確認して起きます。

例えば、

①キーワードプランナー

②aramakijake.jp

③Ubersuggest

④ラッコキーワード

などが有名です。

より詳しくはこちらのリンクを参照

以下、テクニックの問題として、キーワードそのものではなくキーワードを引き立たせる強調文字やサブタイトルをつけるための区切りについてどのような文字を使用しているか解析してみます。

ランキング100位までのタイトルをPythonで解析

今回は”ブログタイトル“と”ブログ初心者”という2つのビックキーワードでそれぞれTOP100位のランカーがどのような文字を使っているかPythonを利用してタイトルをスクレイピングして調べてみました。

ここで気がついた点は以下の点です。

(1) 当然ながら、100記事中100記事には「ブログタイトル」や「ブログ初心者」の文字が入っています。

(2) 上位5位の記事には【】や「」などの強調文字が記事タイトル最初に記載さえれていたことです。

 例えば、「ブログタイトル」とか【ブログ初心者】といったビックキーワードを括弧で強調している場合もあります。

(3) 半分以上の100位ランカーがタイトルにサブタイトルを入れています。

 例えば、区切り文字として「!」、「ー」、「?」、「~」が使用され、中でも「~」「ー」が多い印象

以下結果です。

タイトルの統計情報

記号キーワード「ブログタイトル」キーワード「ブログ初心者」
12%12%
18%21%
12%12%
「」5%5%
【】23%45%
12%45%
12%45%
2022/09/14現在:タイトルに使われている記事の記号の使用率

TOPランカーが使うタイトルの付け方

以上の解析から、有効なタイトルの付け方を以下簡単にまとめてみました。

ブログタイトルの文字数

大体30文字以下でないと文章がとぎれてしまいます。この文字数であれば、省略されずに全部表示されることが確認出来ます。

サブタイトルは有効

タイトルにキーワードを盛り込んだ文章を書けない、キーワードが長すぎる文章では意味が良くわからなくなる、といったこともしばしば。この場合、サブタイトルを記載するとまとまりが良くなることがあります。

(1) 以下のタイトルのように「ー」や「:」や「?」や「」や「!」などの特殊文字で、文章を分けることも考えていいと思います。

(例1)ブログ記事のタイトル文字数は30字まで|2022年最新SEOを解説

(例2)ブログ記事のタイトルに最適な文字数とは?長さを決める基本原則

(例3)ブログ用の独自ドメインの取り方:お名前.comでのDNS設定方法

(例4)ブログ記事のタイトルの付け方完全攻略法すべて解説します

(例5)問い合わせーSEO対策の賢者

逆に、「,」や「、」や「。」や「スペース」といったものは文字数を無駄に使用するため入れない方が良いです。

(2) タイトルの前に最新版であることを記載する【2022年最新版】こともクリック数を上げる有効な方法です。

また、【図解説付き】と示すことでわかりやすい記事をタイトルからアピールすることもできるでしょう。

(例1)【SEO対策】……

(例2)【2022年度最新版】……

(例3)【図解説付き】……

(3) あえてキーワードを強調するために、タイトルの途中に括弧()や「」を入れるやり方も文字を強調できる良い方法です。

(例1)ブログ記事の「タイトル」例すべて教えます!

(例2)検索数(検索ボリューム)を調べる方法

(4) 具体的な数値を入れて、興味を引くのも効果的です。

(例1) 無料で使えるキーワードツール6戦

(例2) 一日平均10000円稼げる副業方法

(追記)メタディスクリプションの記載方法

追記情報として、お伝えしたようにタイトルに装飾記号をいれることで、キーワードをちりばめられやすいタイトルが完成します。題名「ドメインの取り方:お名前.comでのDNS設定方法」は22文字で十分です。

実際にgoogle検索画面から見てみると以下のようになります。

ここで、タイトルの下に二行ほど書かれた記事の内容部分があります。これはメタディスクリプションと呼ばれ、文章を指定しない場合は上記のようにほぼ意味不明な文章となります。メタディスクリプションはサイトの要旨を記載する部分ですが、公開時に指定することができます。この内容によってはクリックスルー率が下がり流入して貰いやすくなります。

WordPressの記事編集画面の下部に

の記載部分があります。文字数としては120-160文字ほどが良いとされています。

まとめ

本記事のポイント

ランキング上位のタイトルには

【】や「」などの強調文字が記事タイトル最初

✔ 半分以上の100位ランカーがタイトルにサブタイトルを入れています。

 例えば、区切り文字として「!」、「ー」、「?」、「~」が使用され、中でも「~」「ー」が多い印象

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です