Zshのコマンド入力の補助操作

この記事は < 1 分で読めます。
概要

本記事では、zshのLinuxのコマンド入力補助操作についての基礎知識について紹介します。

本記事の読者層

コマンド入力の補助操作基礎知識を知りたい方

はじめに

Linuxコマンドは、「コマンドラインインターフェイス」(CLI)を通じて実行されます。Windowsで利用されるようなグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)と異なり、コマンドラインという命令文を入力することで、コンピューターを操作するインターフェイスです。

ここで、コマンドを入力するための支援を行うさまざまな補助操作について言及していきます。

Linuxでは、コマンドキーを覚えていられないという方が多く存在します。そこで本記事では、『タブキー』(tabキー)の便利な使い方について紹介したいと思います。

よく使うLinuxコマンド

ファイル操作内容使用例
cpファイルやフォルダをコピーする
mvファイルやフォルダーを移動、またはリネームする。
rmファイルやフォルダーの一覧を表示する。
lsファイルやフォルダーの一覧を表示する。
sharedファイルやディスクを安全に削除する。
zshコマンドのオプション

履歴の確認

その他内容使用例
コマンドライン+↑現在すでに打ち込み済の文字から過去の履歴で使用した候補を表示
zshコマンドのオプション

コマンドの補助機能

コマンドプロンプト上で途中までコマンドを書きます。

たとえば、ifconfigをタイプしようとする場合、ifまでタイプした段階で過去同様のコマンドが書いたことがあれば、下のボタンを押すことで過去の履歴候補が表示されいます。

if (ここで↑キーをおすと)
ifconfig -a (過去の履歴だでてきます)
ifconfig -all (過去の履歴だでてきます)

まとめ

本記事のポイント

✔ 本記事ではコマンド入力補助の基礎知識について学びました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です