WEBサイトのマーケティング方法

この記事は < 1 分で読めます。
概要

今回は、MBAの視点から、自分のサイトをWEBマーケティングする方法を紹介します。

本記事の読者層

WEBサイトのマーケティング方法を知りたい方

WEBマーケティングの基礎


WEBマーケティングにおいて、「訪問者」は顧客です。WEBマーケティングの基礎はAIDMA/AISASの法則です。AISASモデルは、広告やマーケティングの分野で使用されるコミュニケーションのプロセスを表すモデルです。AISASは、Attention(注意)、Interest(興味)、Search(検索)、Action(行動)、Satisfaction(満足)の頭文字を表しています。以下に各要素の説明を示します。AISASモデルは、消費者の心理や行動に焦点を当てて、商品やサービスの広告やプロモーションの設計を効果的に行うための手順を提供します。

近年ではユーザーは行動前に必ず検索エンジンを使います。

AISASモデルでは、

AISASモデル
  • A(Attention)・・・・注意
  • I(Interest)・・・・関心
  • S(Search)・・・・検索
  • A(Action)・・・・行動
  • S(Share)・・・・共有

Attention(注意):顧客の注意を引くことが最初のステップです。広告やメッセージが視覚的に引きつける、興味を引く、または他の方法で注意を引くことが重要です。

Interest(興味):注意を引いた後、ユーザーの興味を引くことが次のステップです。製品やサービスに関連する情報や魅力的な特徴を伝えて、ユーザーの興味を喚起します。

Search(検索):ユーザーが興味を持った場合、次に情報を求める段階があります。ユーザーが製品やサービスについての詳細な情報を探し始める段階です。

Action(行動):ユーザーが情報を得て満足している場合、行動に移ることが期待されます。これは購買行動、詳細の入手、登録など、広告主が望む具体的な行動を指します。

Satisfaction(満足):ユーザーが行動を起こした後、製品やサービスに対する満足度を高めることが大切です。満足したユーザーはリピーターとなり、また他者に対してポジティブな口コミを提供する可能性が高まります。

AIDMAモデル
  • A(Attention)・・・・注意
  • I(Interest)・・・・関心
  • D(Demand)・・・・欲求
  • M(Memory)・・・・記憶
  • A(Action)・・・・行動

WEBサイトのアクセス数を上げる方法

WEBサイトにおいて広告収入を得るためには、顧客の動向を知らなくてはいけません。広告収入を得るためには、「収入」=「収入単価」x「顧客数(訪問者数)」のデータが必須です。このようなデータを分析することは、より収益を上げるために重要なことです。

Googleでは、訪問者数を分析する簡単な方法として「Google Search Console」と呼ばれているアプリが利用できます。なかでも、下図に示すように「クリック数」、「表示回数」、「平均CTR」、「平均掲載順位」は自身のサイトに来る訪問者を分析出来る情報を入手出来る貴重なツールです。

以下には4つのパラメータの具体的な数値を記載しておきます。
詳細はこちら。


・クリック数:サイトへのリンクが Google で閲覧された頻度です。結果タイプによっては、スクロールや展開によってリンクが見える状態になる必要があります。

・表示回数:Google からサイトへのリンクがクリックされた頻度です。

・平均CTR:クリック数を表示回数で割った値です

・平均掲載順位:サイトへのリンクの、Google における掲載順位の相対ランキングです。1 は掲載順位 1 位を、2 は 2 位を表します。



ここでCTRとは「Click Through Rate」の略で、ユーザーに広告が表示された回数(impression数)のうち、広告がクリックされた回数の割合のこと。 クリックスルー率やクリック率とも呼ばれ、広告運用やSEOの分野で多く用いられている。

まとめ

本記事のまとめ

本記事のまとめは、

WEBマーケティングの基礎について学びました。

関連リンク

【サーバー】ネットワークセキュリティー上ルーターが必須な理由を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です