【SEO対策】ユーザーの検索意図から見る構成案のつくり方

この記事は 2 分で読めます。
要旨

 Google検索におけるランク付けが気がかりですか?

 ブログを始めた当初は、ユーザーの「検索意図」を把握してから、検索キーワードに合わせたコンテンツ内容を作り込むことをオススメいたします。このようにすることで、集客力の高いブログになります。本記事を読むことで、ブログの書き方を自然と学ぶことができます。

本記事の読者層

Googleの検索「キーワード」に引っかからない方

Googleの「ランキング」を上げたい方

ユーザー検索意図から見るブログコンテンツを作成方法

ブログコンテンツでは「検索意図」を考える?

 人が「何か知りたい」とき、「探したいとき」に検索することで情報を得ようとします。ユーザーの検索キーワードから「どんな情報を見つけようとしているのか」を知ることがブログのコンテンツ作成ではとても重要な概念です。

これを顧客の「検索意図」と読んでいます。この検索意図 (Search intent) は、ユーザー意図 (user intent)とも呼ばれています。検索者もしくはユーザーが検索先のコンテンツで検索意図と100%一致した情報を見つけときに「検索」という行為が終了し顧客が満足します。この顧客満足度が顧客を呼び込む上で最も重要です。

たとえば、あるユーザーが「リンゴ料理」について調べているとしましょう。このとき、検索するときには、「リンゴの料理」のキーワードで検索結果としてどのユーザーにフォーカスするか考えて見ましょう。

1つ目は、「リンゴの料理」についてなにも知らないのでリンゴ料理の情報を知りたいユーザー。

2つ目は、「リンゴの料理を食べたい」「創りたい」「買いたい」という情報を手に入れようとするユーザー。

3つ目は、「リンゴ料理を創りたい」けれども、どのリンゴ料理を作ったらよいのか、比較検討しようとするユーザー。

4つ目は、リンゴ料理を作るための最善の方法が分かったので実際に必要なものを購入しようとするユーザー。

 このようにユーザーの検索意図によってユーザーに提供する情報があまりにも違います。

 ユーザー目線に立てば、検索意図を満たすことがGoogleの最大の目標であり、この目標が達成されるように検索結果の順位付けのアルゴリズムが作られています。あなたのページが検索意図に基づいて創られていなければ、Google検索エンジンでランク付けがされません。

逆に、「顧客に満足される=検索エンジンに評価される」ようにコンテンツを作成さえすれば、検索結果の上位に表示され、自ずと顧客にクリックされる確立が高くなります。訪問客が多いブログサイトに成長ということはこのようなプロセスをふむことに他なりません。

以下では、ユーザー検索意図をどのように読み取るのかについてもう少し考えて見ましょう。

ユーザーの検索意図は4種類

早速コンテンツ制作をおこなうなおうと思ったみなさん、ちょっと待ちましょう。アクションをおこす前に一旦思考することはとても重要です。まず、検索者がどのような意図(検索意図)でコンテンツを読むのかを一度ここで考えて見ましょう。

この検索意図を理解するために、ユーザーが行う検索の種類についてまず言及します。

ユーザーの検索行為には以下の4種類の意図があります。

  1. 情報提供型
  2. ナビゲーショ
  3. トランザクション型
  4. 商用調査型

これらの検索の型によって記事の定常の仕方は変わってきます。

【意図1】情報提供型の意図

【ユーザー側の意図】何か自分の知らない情報を見つけようとするために検索をします。

【提供側のコンテンツ】このような意図で情報を提供するサイトは、「初期段階のコンテンツ」と呼ばれています。

【例】車を提供する会社は?

【例】パソコンを売っているお店は?

【例】新製品がでたけれどもこれはどのような物なのか?

【意図2】比較、ナビゲーション型の意図

【ユーザー側の意図】ある程度の情報を持ち(これは【意図1】で集めた情報を元に)、「情報が得られる場所」を検索をします。

【提供側のコンテンツ】情報先を誘導するような内容を提供するコンテンツです。これは「中間段階のコンテンツ」と呼ばれています。

【例】「TOYOTA」のウェブサイトはどこにあるか?

【例】ある特定の「パソコン」の特徴はなに?

【例】新製品の他社製品の違いは何?

【意図3】トランザクション型の意図

【ユーザー側の意図】ユーザーは何かの購入を検討しています。

【提供側のコンテンツ】ユーザーが購入する準備ができたときのカテゴリや製品ページです。

【例】「TOYOTA」の車を購入したいが、購入先はどこ?

【例】「パソコン」の購入先の候補はどこなのか?

【意図4】商業調査型な意図

【ユーザー側の意図】商業調査の意図をもっています。情報を比較し最良の選択肢を探しています。

【提供側のコンテンツ】これらの種類によってコンテンツの作り込み方は違いますが、レビューや比較するサイトを探しています。

【例】「TOYOTA」の車を購入はどこが安いのか?

【例】「パソコン」を大量に購入する場合の選択肢は?

このように検索ワードから意図を想定してそれに対応するウェッブサイトを作り上げることが顧客の満足度を上げることになります。

ブログキーワードの分析方法

検索キーワードからブログコンテンツ作成の手順

以上の4つの種類のどれかに記事は該当します。この意図をくみながらブログ構成案を考え、実際にコンテンツ作成に取り組みます。さらに細かい意図は検索ワードというものに隠されています。このため、ブログ作成時には、どのようなキーワードが自身のサイトに当てはまるのか考え、設計する必要が出てきます。

上記の意図、すわなちキーワードに沿って、自身のサイトがユーザーのどの検索意図に沿いたいかさらに顧客のターゲットを絞ります。

顧客ターゲットについて

ブログ作成時にある程度、どのような方がブログを読んで貰えるのか考えて見ましょう。

【例】どんな趣味の方なのか?どんな職業のかたなのか?アマチュアなのかプロフェッショナルなのか?

【例】年齢層は?文章の読みやすさの考慮も必要。

【例】情報が欲しい方なのか?何かものを探している方なのか?購入を希望している方なのか?

検索キーワードについて

(1) 検索意図を検索「キーワード」から分析します。

検索される「キーワード」は、単一単語か、多くても3~4語が一般的です。

(2) キーワードに沿った形でコンテンツを作成します。

キーワードを鏤めて、検索意図に沿ったコンテンツを作成します。

(3) 検索結果の上位サイトを分析すること

最後に、検索結果のキーワードを入力して、検索順位の1-3位のWebサイトをよく読んで徹底的に分析します。

利便性の高いブログコンテンツのチェックリスト

コンテンツ作成が終わったら以下のチェック点を再確認します。

  • ユーザーの疑問や悩みに的確に答えられているか?
  • 信頼できるコンテンツになっているか?
  • わかりやすいコンテンツか?
  • 最新情報に基づいたコンテンツか?
  • 検索意図に対してコンテンツが網羅されているか?

古いブログコンテンツを再修正し最適化

最初の一度書き上げたコンテンツを書き直すことで、コンテンツの最適化を行います。古いコンテンツを検索意図に沿うようにページに小さな変更を加えるだけで、トラフィックを劇的に増加させた例もあります。

再修正することの効果
  • キーワードの変更すること
  • 文章を読みやすくすること
  • 情報の量を増やすこと
  • 新しい情報を増やすこと

以上のメリットがあると考えています。

Googleランキング順位をこまめにチェック

自身の書いたコンテンツのランキング順位をこまめにチェックして、ランキングが低いようであれば、書き直しを続けるようにしましょう。まずは、ブログを更新しながら月5万円ほどを狙えるようにしていきましょう。

一日数円単位のときはは悲しいですが、一日数十円単位になったときにモチベーションは飛躍的に上がります。一日100円ほどの収益がでたらさらに改善したくなると思います。継続こそ一番の近道です。古い記事をこまめに変更していきましょう。

まとめ

本記事のポイント

ユーザーを最優先にしてページを作成することが何よりも大切です。

このとき、大切なことは以下の二点。

①ブログに来てくれる「顧客ターゲット」をあらかじめ決めておこう

②ブログの「キーワード」を事前に決めておこう。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です