【SEO 対策】ブログ記事のターゲット市場の調査:キーワード選定ツールの使用方法からコツまで解説

この記事は < 1 分で読めます。
概要

 Google検索エンジンの上位を目指す場合、検索しているユーザーの意図(すなわちキーワード)に対して、適切なコンテンツを配信していくことが求められます。「キーワード」元にコンテンツを作成し、さらにターゲット市場を調査・決定した後、google検索エンジンの競合サイトをこれでもかと分析します。これが競合調査の第一歩です。これら一連の調査方法をアラマキジャケの検索などを使い解説します

本記事の読者層

ブログ記事のターゲット市場の調査をしたい方

キーワードの決定からコンテンツ作成

筆者は、MBAにてマーケティング戦略を学んだ経緯から、集客に必要な重要要素を取り込み、コンテンツ制作に活かしています。ブログを書き始める前から、キーワードを選択肢、キーワード調査をしてからブログコンテンツの内容をを固めます。ここで大事な概念として、コンテンツ内容のキーワードについて解説していきます。

キーワード解析用サイト

 Google検索エンジンは巨大な辞書であり、「キーワード」はまさにその辞書を調べる際に、ユーザーか考える「調べたい用語」に該当します。ユーザーが調べたい単語には、人気の有無が当然ありそのキーワードがどれだけ検索されているを調べるツールがあります。これをキーワード解析用サイト(キーワードプランナーや、aramakijyakeなど)と呼び、検索度合いを確認できます。

この「キーワード」は、google月間検索数の多い順に「ビックキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」があります。

3つのキーワード

ビックキーワード…..1語

ミドルキーワード……2語

ロングテールキーワード……3-4語

初心者が「ビックキーワード」を選ぼうとすると、競合が強い単ワードのため古参胡の記事の中で埋もれてしまう危険性があります。一方、競合が少ない複数のキーワードのミドルキーワードロングテールキーワードを選ぶ方が検索の上位表示できる可能性があります。

 このため、初心者が狙うべきキーワードは検索回数100~1000のキーワードが無難です。

ただ、複数のロングテールキーワードには、検索回数が10,000~100,000の難易度の高いキーワードもあります。

このため、ニッチなキーワーが狙い目です。

これらキーワード選定の戦略の重要性を考えてサイトの全体運営が必要です。ここで、戦略の話をしましたが、キーワード選定にはサイト全体で統一的なキーワード選定を行う方がより検索上位を狙えます。

 この基本キーワードを中心に周辺キーワードを選定してコンテンツ製作にはいります。それでは早速、周辺キーワードの選定をしていきましょう。まずは必須のキーワード解析サイトを紹介します。

キーワード選定ツールの利用

①キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Google Absenceが提供するキーワード選定無料ツールです。

これはかなり強力なツールです。Googleが提供しているだけあり信頼性があり、検索ボリュームが膨大です。無料版では、検索数が1万から10万単位のキーワード検索ができます。検索数が多い方が、キーワードの難易度が高いと話をしましたが、中には埋もれているお宝もあります。それをうまく見つけ出していくのも戦略の1つです。

②aramakijake(アラマキジャケ)

aramakijake.jpはGoogleのキーワードプランナーとキーワードボリューム数がほぼ同程度の検索ツールです。入力した「キーワード」に対して、「Google」や「yahoo」検索エンジンの細かい検索ボリュームを調べることができます。

無料でSEO対策の調査にはとても良いツールだと思います。

アラマキジャケの使い方

良く利用されるツールは

①「検索数予想ツール」:検索数を調査したいキーワードを入力して「Check」ボタンを押すだけ。

②「競合検索数予想ツール」:「検索数」を調査したいURLとキーワードを入力して「Check」ボタンを押すだけ。

です。

検索ボリューム数の細かい数値を無料で検索できることから、無料版のキーワードプランナーより精度の高いボリューム数を確認できます。

アラマキジャケによる準位変動

アラマキジャケの便利な所は、上記のように①1位から11まで検索の順位変動が見れるところと、②googleとYahooで比較できるところです。仮に「SEO」というキーワードで検索を行ってみると、1位と2位の差は4倍、10位との差は20倍あります。順位変動における検索ボリュームの予想を立てる上では便利ですね。

「SEO」はビックワードの部ですが、一方でsmallキーワードでは検索に引っかからないことあります。このことを利用して、需要がありそうなキーワードを把握できるのも良い点です。

③Ubersuggest

Ubersuggestもキーワード検索ツールです。こちらも無料キーワードツールです。日本語以外にも多言語で利用出来るグローバルな検索ツールです。有料版もある。

①検索ボリューム、②SEO難易度、③クリック単価などを提供してくれます。

④ラッコキーワード

ラッコキーワードはWebサイト初期にはこのロングテールキーワードを目指して記事を作っていきます。有料版では多くのサービスが提供されています。

まとめ

本記事のポイント

✔ ブログを書き始める前に、ブログコンテンツの内容をあらかた決定します。

✔ キーワード選定ツール「キーワードプランナー」「aramakijake.jp」「Ubersuggest」「ラッコキーワード」などを利用すると良い。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です