Windows11/10 WSL2に「ownCloud」をインストールする方法

この記事は 3 分で読めます。
概要

オンラインストレージ「ownCloud」を個人サーバにインストールすれば容量無制限のストレージサービスを利用できます。本記では、Linux用の自宅サーバとして稼働できるように、Windows10/11のWSL2仮想環境下でインストール方法から動機方法までの手順とその使い方を紹介します。ローカルサーバーへインストールするため、セキュリティの心配はありません。

本記事の読者層

個人サーバーでストレージディスクを使いたい方

容量無制限で無料のストレージディスクを手に入れたい方

オンラインストレージ「ownCloud」とは

ownCloud(オウンクラウド)は、オンラインストレージを作成できるクライアント・サーバ型ソフトウェアです。機能的にはDropboxによく似ていますが、FLOSSのため誰でも個人サーバに設置できる点が長所で、Googleドライブのようなオンライン文書編集やカレンダー・連絡先の同期にも対応しています。ソフトウェアのオープン性から容量や接続クライアント数の強制はなく、サーバーの物理容量のみに制約されるとお考えください。

ownCloudを自宅サーバにインストールすることで、無料のストレージサーバとして個人利用することができる魅力を持っています。現在他のサーバで課金を考えている方は、この方法を是非試して見ては如何でしょうか。

現在、オープンソースとして利用できるオンラインストレージとして、以下の2つソフトがよく知られている。

ownCloud

Nextcloud

ownCloudとは 、2010年にFrank Karlitschekによって立ち上げられましたが、その後ownCloudから方針の違いにより独立、2016年Nextcloudを立ち上げてました。このため、NextcloudとownCloudはサービス面では非常に似通っています。後発のNextCloudの方はNextcloud Inc.として現在も開発が進められており、ownCloudのコミュニティメンバーがNextcloudプロジェクトに移行しています。

本記では古くからありコアユーザーの多いonwlcoudについてのインストール方法について解説していきます。

ownCloudのインストール方法

ownCloudのインストール環境

環境

以下の環境下で行います。

クライアント側のOS環境:Windows10/11

サーバ側の環境:Windows10/11 WSL2(Ubuntu 20.04 LTS)

 +ownCloud 10.13.4.1

 +Apache/2.4.41 (Ubuntu)

 +PHP 7.4.3 (Ubuntu)

 +mysql Ver 8.0.35 (Ubuntu)

中でもownCloudで要求されるものが、php7.4以降であるため、ubuntu18.04 LTSではphp7.2までしか通常インストールされません。このため、Ubuntu 20.04以降を利用します。

Ubuntu18.04ではphp7.4へアップデートが必要

そのままアクセス使用とすると、
This version of ownCloud requires at least PHP 7.4.0
You are currently running PHP 7.2.24-0ubuntu0.18.04.17. Please update your PHP version.

というメッセージが現れます。

ownCloudのダウンロード先

ownCloudのパッケージは下記よりダウンロード可能できます。

ダウンロードはここから。

現在の最新バージョンは、ownCloud v10.13.4です (2024年2月現在)。

ownCloudの自宅サーバへのインストール方法

①oOwnCloud」のダウンロードとフォルダへ展開方法。

sudo wget https://download.owncloud.com/server/stable/owncloud-complete-latest.tar.bz2

これによりdownload.owncloud.comからファイルがダウンロードされます。ダウンロード時間は2-3分ほど(73M程度)です。


このとき、「owncloud-complete-latest.tar.bz2」がカレントフォルダにできているので確認してみてください。

sudo tar xjvf owncloud-complete-latest.tar.bz2 -C /var/www/html

これで、apache等が起動できるディレクトリー(/var/www/html)へファイルを展開しておきます。

②WSL2上へのapatche2+php4.2+mySQLの3点セットのインストールは以下の記事をご参照下さい。

③ここで「owncloud」フォルダができているので以下のようにオーナーを変更します。

sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/owncloud

④次に「http://localhost/owncloud」の表示が出ればインストールは成功です。

⑤次に、「ownCloud」の設定を行います。
今回必要な情報は以下の通りです。

環境

以下の環境下で行います。

ユーザー名:(新しく作成)

パスワード:(新しく作成)

データフォルダ:/var/www/html/owncloud/data(変更必要なし)

データーベースのユーザー名(mySQLにて作成したユーザー名)

データーベースのパスワード(mySQLにて作成したユーザー名のパスワード)

データーベース名:(mySQLにて作成したデーターベース名)

データベースのホスト名:localhost

注意

WEB上で上記設定にて入力し完了ボタンを、ユーザー名をuser@localhostにしたにも関わらず、”oc_user#@localhost”というユーザー名でログインできない問題に遭遇。

このため、/var/www/htmlフォルダ内にある「owncloud/config/config.php」の方を書き換えます。

今回は事前にmysqlにてデータベース名「oc」をユーザー名「user」とパスワード「userpass」で設定済みとします。

「owncloud/config/config.php」の設定ファイルを書き換えます。

 'datadirectory' => '/var/www/html/owncloud/data',
  'overwrite.cli.url' => 'http://localhost/owncloud',
  'dbtype' => 'mysql',
  'version' => '10.13.4.1',
  'dbname' => 'oc',
  'dbconnectionstring' => '',
  'dbhost' => 'localhost',
  'dbtableprefix' => 'oc_',
  'mysql.utf8mb4' => true,
  'dbuser' => 'user',
  'dbpassword' => 'userpass',
  'allow_user_to_change_mail_address' => '',
  'logtimezone' => 'UTC',
  'apps_paths' =>

⑦その後、web上で上記と同じ設定で完了ボタンをおすと、以下のようにownCloudが起動しました。

ownCloudのSSH化

更に、owncloudのhttpsアクセス設定をおこなうために、以下3つの行程を行う。

①SSLモジュールをスタートします。

>sudo a2enmod ssl
Considering dependency setenvif for ssl:
Module setenvif already enabled
Considering dependency mime for ssl:
Module mime already enabled
Considering dependency socache_shmcb for ssl:
Module socache_shmcb already enabled
Module ssl already enabled

②SSLサイト設定を有効にします。

>sudo a2ensite default-ssl
Site default-ssl already enabled

③apacheサービスを再起動します。

sudo service apache2 restart

次に、実際にブラウザーからサイトへアクセスします。

その後、ownCloudへのアクセスをhttpsすなわち暗号化によるアクセスのみにする設定は、管理画面から「セキュリティ」欄の「常にHTTPSを使用する」にチェックを入れます。

ここで認証エラーになる場合には以下の記事が参考になります。

ownCloudの使い方

ownCloudのログイン画面

ownCloudの設定は、WEBサーバでも行う必要があります。まず自身のサーバにアクセスします。

http://localhost/owncloud

アクセスには、設定時に決めた①「ユーザー名」②「パスワード」が求められる。以下サーバ画面上からアクセスします。

以下のログイン後の画面がでれば問題なく駆動できています。

ownCloudのクライアントソフトをWindowsにインストール

ownCloudのサーバ側の設定が終わったら、次はクライアント側の設定です。

毎回ファイルにアクセスするためにサーバにアクセスするのはオフライン環境では非常に不便です。

クライアントとなるmacOSやWindowsなどのPCへクライアントソフトをインストールすることで、クライアント側にもファイルを保存します。クライアントは複数のクライアントへインストールが可能で、他のクライアントで変更したファイルがサーバを通して他のPCへ変更が同期される仕組みとなっています。

このクライアントソフトは以下からダウンロード可能です。

https://owncloud.com/desktop-app/

対応OSはmacOS、WindowsOS,LinuxOSの3種類です。

最後に、アドレスを入力してください。

本記事では、Windows11/10においてインストールする方法を下記に示ます。

こちらもインストールならびに設定方法は、Nextcloudのクライアントソフトとほぼ一緒です。

①ダウンロードされた「ownCloud-5.2.0.12726.x64.msi」をダブルクリックして起動

NEXTをクリック

NEXTをクリック

④インストールを行います。これにてインストールが完了します。タスクバーに表示されていることを確認してみてください。自動的にcloseしない場合もありますので手動でインストール後閉じるようにしてください。

ここで再起動が求められます。

設定

上の「アカウントの追加」をクリックしサーバのURLの入力画面に進むことが出来ます。

ownCloudサーバが既に起動していれば、ファイルの同期が始まります。同期用フォルダは自身のハードディスクの中にもつくられます。

この次に「準備万端」とでればアクセスが可能になります。

これでローカローカルホストクライアントからルホストサーバへアクセスできたことになります。

DockerにおけるownCloudのインストール

コンテナ型仮想環境用のプラットフォームDockerを利用してもownCloudをインストールすることができます。

以下のDocker用コンテナをダウンロードして頂ければWSL2のLinux環境下で容易に環境構築することも可能です。

https://hub.docker.com/_/owncloud

DockerをWindows11/10にインストールする方法ならびにDockerコンテナのマウント方法は以下の記事をご参照ください。

ownCloudを自宅サーバへのインストール

本記事では、主にWindows10/11におけるローカル環境下で、サーバストレージownCloudのインストール方法を紹介しました。ローカルサーバーへのインストールですので、セキュリティ面では安全なセットアップ方法です。今後、実際にイントラネットワーク外で利用したり、サーバー機を立てたりして実際に運用する前段階としては、本記事はお役に立てるのではないかと思います。

今後、外部から運用する場合には、自宅サーバへのインストールが欠かせませんが、こちらの方法に関しては以下のステップにて紹介いたします。

自宅サーバにはグローバルIPアドレスが必要ですので以下の記事をご参照下さい。

また同時にサーバー機なども利用することもお勧めです。こちらは以下の記事をご参照ください。

まとめ

本記事のまとめ

本記事では個人で利用できるオンラインストレージ「ownCloud」について解説しました。

オンラインストレージ「ownClound」をローカルサーバにインストール

オンラインストレージ「ownClound」のクライアントをインストール

を同一コンピューター上にインスツルメンツすることで同期できることを確認しました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です