【2024年最新】WSL2でオレオレ証明を行う方法

この記事は 2 分で読めます。
概要

Windows11ではlocalhostを作成する際に、警告がでます。本記事ではこれを回避するためのオレオレ証明を紹介する。

この記事の読者層

○○をしたい行いたい方

○○を立ち上げたい方

この記事でわかること

  • ここに内容
  • ここに内容

○○の背景

環境

以下の環境下で行います。

Windows 10/11 WSL2環境

openssl

WSL2環境下におけるオレオレ認証の方法

step1

○○をする。

step2

○○をする。

SSH認証が回避できない

テストコード

>sudo a2enmod ssl
Considering dependency setenvif for ssl:
Module setenvif already enabled
Considering dependency mime for ssl:
Module mime already enabled
Considering dependency socache_shmcb for ssl:
Module socache_shmcb already enabled
Module ssl already enabled
>sudo a2ensite default-ssl
Site default-ssl already enabled
sudo service apache2 restart
注意

○○の方法

実例をあげる2

https://www.tutorialspoint.com/online_css_editor.php

使用方法

鍵名ビット数説明

表1:キャプション
注意点

○○の方法

①○○していない。

②○○していない。

③○○していない。

比較

SOFTCODEPENOnline EditorTiny-Editor
使用感
体感速度普通少し遅い速い
CSS エディタ比較

まとめ

本記事のポイント

本記事では以下のことを学びました。まとめとして、

○○です。

○○です。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です