Jupyterのインストールと利用方法

この記事は 2 分で読めます。
概要

本記事では、Pythonをグラフィカルで利用出来るJupyterのインストール方法について解説していきます。

本記事の読者層

Jupyterのインストール方法を知りたい方

「Jupyter」の概要

 

Jupyterは、オープンソースのプロジェクトで、対話型コンピューティングとデータ可視化をサポートするためのツールの一群を指します。このプロジェクトは、プログラムコード、テキスト、数式、グラフィックスなどを1つの文書で組み合わせ、実行および共有できる環境を提供します。Jupyterは、プログラミング、データ解析、機械学習、科学計算などのさまざまな目的に使用されています。

Jupyterの名前は、3つの主要なプログラミング言語(Julia、Python、R)を表す「Ju」、およびそれらをサポートすることを示す「pyter」から派生しています。

Jupyterの中心的な機能は、Jupyter Notebookと呼ばれる対話型なノートブック環境です。Jupyter Notebookでは、コードセルとテキストセルを含むドキュメントを作成でき、コードを実行して結果を即座に確認することができます。また、プロットやグラフ、表などのデータ可視化もサポートされています。

Jupyterは様々なプログラミング言語に対応しており、異なるカーネルを通じてそれらの言語を利用することができます。そのため、Pythonだけでなく、RやJulia、さまざまな言語でJupyterを使用することが可能です。

Jupyterのインストール手順

ANACONDAをインストールしていきます。ここで真ん中下に「Jupyter Notebook」があるのでインストールしておきます。

Lanuchボタンを押すと自身のWEBブラウザーからJupyterNoteブックを起動できます。

その後、「New」ボタンから「python3」をクリックすると

jupyterのview画面が確認できるようになります。

まとめ

本記事のまとめ

JupyterとはJulia+Python+Rを利用できるように設計されたブラウザ対応アプリで使い勝手がとても良い。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です