ハードディスクが壊れているかどうか確認する方法

この記事は 2 分で読めます。
概要

使用していたハードディスクの調子が悪い場合、本当に壊れているかどうか分からない。ハードディスクの診断方法を徹底分析する方法をここで紹介します。

本記事の読者層

ハードディスクが壊れているか分からない方

ハードディスクを見てみよう。

Ubuntuで利用

HDDが故障した時の症状。

HDDが呼称したときの症状

パソコン側

  • HDDが認識しない
  • パソコンがフリーズする・読み込みが遅い
  • エラーメッセージが表示される

外部動作

  • パソコンやHDDの電源が入らない
  • HDDから異音・異臭がする

外部動作

パソコンに耳をあてて「カタン・カタン」といった不連続音=異音がしないか確認してみましょう。また、異臭がする場合は、回路が焼き切れている場合があります。この場合もHDDのハード面での状態異常を知らせる重要なサインです。

見た目だけで分からない場合は、近くにパソコンがあれば以下のような当該HDDとパソコンを繋いでみましょう。このときの状態をパソコンソフトから確認することができます。

パソコンと繋ぐ道具

お立ち台

HDDを立てて接続するための台座+コネクタです。

SATAコネクタ

HDDとパソコンを繋ぐ方法は、5V電源ケーズとSATAケーブルが必要です。

SATA-USB変換があればノートパソコンなどと繋げることができます。

パソコン側

ハードディスクがコンピュータで認識されない場合、以下の手順を試してみると問題の解決に役立つかもしれません。以下のステップを順に確認してみてください:

ケーブルと接続の確認:

  • ハードディスクの電源ケーブルとデータケーブルがしっかりと接続されているか確認してください。
  • 別のケーブルを使用してみて、もし問題が解消されるか確認してください。

別のポートやコンピュータへの接続:

  • ハードディスクを別のUSBポートやSATAポートに接続してみてください。
  • 別のコンピュータでハードディスクを試してみることで、ハードディスクそのものに問題があるのか、それともコンピュータの接続や設定に問題があるのかを確認できます。

デバイスマネージャの確認:

  • Windowsの場合、デバイスマネージャを開いて、デバイスリストにハードディスクが表示されているか確認してください。

デバイスに「!」や「X」などのエラーマークが表示されていれば、そこに問題がある可能性があります。

以下のコンピューターの管理画面からも確認できます。

BIOS/UEFI設定の確認:

  • ハードディスクがBIOSまたはUEFIで認識されているか確認してください。
  • ハードディスクが認識されていない場合は、SATAモードやディスクの認識設定などを確認し、必要に応じて設定を変更してみてください。

データ復旧ツールの利用:

  • ハードディスクのデータが重要で、ハードディスクが故障していない場合は、データ復旧ツールを使用してデータを救出できるかもしれません。

まとめ

本記事のポイント

✔ 本記事では、ハードディスクが壊れているかどうかを確認する方法を見てみました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です