【WordPress】 SANGO用子テーマ「PORIPU」のテーマ設定からカスタマイズまでの流れ

この記事は 2 分で読めます。
概要

本記事では、SANGOの子テーマとして知られている「PORIPU」のインストールから設定、さらにカスタマイズまでを徹底解説いたします。

本記事の読者層

Pythonでデーターベースを利用する方法を知りたい方

PORIPUの購入から設定まで

PRIPUの購入

「POPURI」のテーマは以下の購入サイトから↓

https://oldno07.booth.pm/items/811484 

からダウンロードできます。

「PORIPU通常版」で良いのですが、FontAwesome5対応 (SANGOで使われているアイコンフォント)と 新吹き出しに魅力を感じ、私情を持ち込んで「PURIPU Tears」を購入しました!

細かい「PURIPU Tears」の差分は以下の公式サイトを参照ください。

購入すると、メールから送られてくるURLへアクセスし、「poriou-tears1.28.zip」(2022年10月現在) ファイルがダウンロードできます。

「PORIPU」のWordPressへのインストール

WordPressへの「PORIPU」インストールに関する詳細は以下をご参照ください。

https://saruwakakun.com/sango/theme-install

外観>テーマから、「新規追加」ボタンを押すと、テーマのアップロードができるようになります。

ここで「ファイル選択」ボタンを押して、「poriou-tears1.28.zip」したファイルを選択、「今すぐインストール」ボタンを押します。(*このとき、ZIPファイルの解凍の必要はなしです。)

以上、有効化のボタンを押して終了です。

すでにSANGOの子テーマを使用してカスタマイズしている場合

SANGOの子テーマを使用してカスタマイズしている場合

基本的にはカスタマイズは最初からやり直す必要があります。

とくにSANGOの子テーマから、

・SANGO Child: style.css

・SANGO Child: functions.php

・SANGO Child: my-gutenberg.css

の設定ファイルは以下のコピペをして利用します。

PORIPUはSANGO childと同じ小テーマですので、style.css内の下記をコピペして追加利用してください。

/*--------------------------------------
ここから下にCSSを追加してください
--------------------------------------*/

SANGO本体のカスタマイズ

以下に、SANGO本体のカスタマイズの参考例を解説しています。ご参照ください。

まとめ

本記事のポイント

「SANGO」の子テーマから「PORIPU」の変更にともない「外観 > カスタマイズ」はほぼ一からやり直しです。

✔ style.cssならびに、functions.phpとmy-gutenberg.cssの設定部分はSANGO小テーマからのコピペで問題なし。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です