【サーバー】データベースサーバー・MySQLを構築する方法:初心者用必須コマンドを網羅

この記事は 2 分で読めます。
概要

Linux Ubuntu 18.04 LTS以降でデーターベースサーバー・MySQLの構築法ならびに初期設定法を初心者用に紹介します。バージョン情報取得、パスワード設定、データベース作成、データベース削除など運用に最低限必要な一連のコマンド集を網羅します。

データーベースサーバー・MySQLとは?

我々が日々使用している買い物リストや画像ギャラリー、さらには会員システムなど企業ネットワーク内の膨大な量の情報をデータベースと呼ばれているサーバーシステムで管理しています。中でも、MySQLは、国内外とわず世界中で利用されているデーターベースで、システムに保存されているデータを追加・削除、アクセスの処理等ができる優れた機能を持っています。

MySQLは、現在オラクルが所有しておりオープンソースとして開発が進められています。高速で動作し使いやすいのが特徴で、他のデータベース群 (PostgreSQL, SQLite, Oracle, Microsoft Access) などと比べてPHP (wordpressで使われているプログラミング言語)との親和性が良いという特徴を持っています。

MySQLのロゴ

無償Windows版のMySQL Comunity server はversion 8.0 (2022年10月現在)

Linux ubuntu版のMySQLは version 14 (2022年10月現在)

他のデーターベースサーバーの種類については以下の記事をご参照ください。

データベースサーバーMySQLのインストール方法

以下はLinux Ubuntu環境:Ubuntu18.04にてaptコマンドでMySQLをインストールします。

sudo apt update
sudo apt install mysql-server
sudo mysql_secure_installation

データベースサーバーMySQLの設定方法

ルートパスワードの設定

MySQLをインストールした直後にはrootパスワードが設定されていません。

ルートにてパスワードを設定するためには 「-u root」を利用します。

$mysql -u root
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=password('XXXXXX');

新しいパスワード 「XXXXXX」部分を入力します。

mysql> SET PASSWORD FOR ユーザ名@ホスト名=password(‘新しいパスワード’);

バージョン情報を取得

コマンドプロンプトから、「mysql –version」を入力する。ここで最新版であれば、以下のように表示される。

$mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.7.39, for Linux (x86_64) using EditLine wrapper

mysql> mysql –version

データベースサーバーMySQLへのログイン設定方法

パスワード設定を行った後にMySQLへ「root」でパスワード「xxxxxxxx」で設定する場合、以下のように入力します。

mysql> mysql -uroot -pXXXXXX
Query OK, 1 row affected (0.03 sec)

mysql> mysql -uroot -pxxxxxxxx

ここでユーザー名: root

password: xxxxxxxx

root以外のユーザー作成

あるユーザー名(user)とパスワード(passwd)でユーザーを作成する場合、以下のように入力します。

mysql> create user 'user@localhots' identified by 'passwd'
Query OK, 1 row affected (0.03 sec)

mysql> create user ‘ユーザー名@localhots’ identified by ‘パスワード’

WordPress用のデータベース作成手順

database作成

Create database データベース名;

(例)WordPressのため「wp」というデーターベースを作成する場合

WordPress用データーベース名: wp

文字コード: UTF-8

mysql> create database wp character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.03 sec)

データベース名は、小文字・大文字を区別して使うのです。

現在のデータベースを参照

現在作成した全データベースを確認するためには

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| hp                 |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
| wd                 |
| wp                 |
+--------------------+
6 rows in set (0.07 sec)

作成した全データベースを確認するためのコマンド

show databases;

ここで最後に「wp」というデータベースが見えていれば問題ありません。

現在のデータベースを削除

データベースを削除したい場合

drop database データベース名;

削除対象のデーターベース:「wp」

mysql> drop database wp ;
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)

本当に削除されたか確認するために「現在のデータベースを参照」と同様の手順でデータベースを確認。「wp」がなければ削除に成功しています。

終了方法

mysql > exit

これで、すべて設定が完了しました。ご苦労様です。

ユーザーを新規作成する

mysql> CREATE USER user@localhost IDENTIFIED BY 'userpasswd';
mysql> GRANT ALL ON *.* TO user@localhost;

ここで一度、mysqlから出てから、再度新規作成したユーザーで入りなおします。

sudo mysql -uuser -puserpasswd

まとめ

本記事のポイント

✔ MySQLは世界中で利用されているデーターベースで、データの追加・削除、アクセスの処理等ができる優れた機能を持つ。

✔ MySQLサーバーでは、セキュリティ上、ルート以外のユーザーでデータベースを運用することが推奨

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です