Ubuntu 18.04LTSから20.04LTSへのアップデート

この記事は 2 分で読めます。
概要

Linuxサーバー機においてUbuntu18.04LTSから20.04へアップグレードする方にについて紹介します。

この記事の読者層

Ubuntu18.04LTSから20.04へアップグレードしたい方

Linux Ubuntuアップデートの背景

Ubuntu18.04LTSが2023年にセキュリティアップデートの対象外となってしまい、今後は20.04へ移行しなくてはいけなくなりました。ここでは18.04LSTSを20.04LTSはアップデートする方法について解説していきます。

今回のメインはサーバー機となります。

環境

以下の環境下で行います。

Windows 11/10 WSL2

Ubuntu 18.04.6からのアップデート

アップデートの方法

step1

○○をする。

step2

○○をする。

Ubuntu 18.04.6のアップデート

アップデート方法

①aptの最新版アップデートを行います。

sudo apt update

②updateマネージメントをインストールします。

sudo apt install update-manager

③その後ディストリブーションのアップグレードを行います。

sudo apt dist-upgrade

④Ubuntu18.04LTSからの.04LTSへのアップデートは以下を実行。ここで「-d」のオプションを入れるとうまくいかない。

sudo do-release-upgrade

以降うまくいくと以下のようにコマンドが現れます。

キャッシュを読み込み中

パッケージマネージャーをチェック中です

SSH経由で実行していますが、続けますか?


このセッションはSSH上で実行されているようです。アップグレードをSSH越しに行うことは推奨されません。アップグレードに失敗した時の復元が困難になるからです。

続行する場合、追加のSSHデーモンをポート '1022' で起動します。
本当に作業を進めてよろしいですか?

続行する[yN]
予備のsshdを開始します

障害が起こったときに復旧しやすくするため、ポート '1022' でもう一つの sshd
を開始します。現在実行中のsshにおかしなことが起きても、もう一方のポートに接続することができます。

ファイアウォールを実行している場合、このポートを一時的に開く必要があります。この操作は、潜在的な危険があるため自動的には行われません。以下の例のようにしてポートを開けます:
'iptables -I INPUT -p tcp --dport 1022 -j ACCEPT'

続けるには [ENTER] キーを押してください
86 個のインストール済みパッケージは Canonical
によってサポートされなくなりました。ただしコミュニティからのサポートは受けることができます。

75 個のパッケージが削除されます。 358 個の新規パッケージがインストールされます。 2216
個のパッケージがアップグレードされます。

合計 2,333 M をダウンロードする必要があります。 このダウンロードは約 12 分 かかります。

アップグレードをインストールするのに数時間かかることがあります。ダウンロードが完了してしまうと、処理はキャンセルできません。

 続行する[yN]  詳細 [d]

ラボが古いとGNOMEがうまく起動しないのでlightdmを選択しておきます。

sudo dpkg-reconfigure lightdm

を起動します。

注意

デスクトップ環境の設定

gnome3へ変更したい場合には以下を実行しておきます。

sudo dpkg-reconfigure gdm3

バージョン確認

cat /etc/issue
Ubuntu 20.04.6 LTS \n \l

最後にcatコマンドで。/etc/issue内から、バージョン情報を確認できます。

無事Ubuntu 20.04.6LTS はアップグレードできました。

まとめ

本記事のポイント

本記事では以下のことを学びました。

Ubuntu18.04から20.04LTSへバージョンアップする方法

を解説しました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です