【2024年最新版】Windows上でUbuntuを利用する方法:Windows Subsystem for Linux (WSL)のインストール

この記事は 2 分で読めます。
概要

本記事では、Windows 10やWindows11でも利用できるWindows Subsystem for Linux (WSL) のインストール方法をご紹介します。WordPressなどサーバー上で記事を書く際には何かとブラウザが重くてウンザリする場合、自身のパソコンにWEBサーバーを構築する際にも便利です。

本記事の読者

オフラインでもWordPressで記事を書きたい方

Linux初心者でWindowsでLinuxを触って利用したい方

WSLの概要

WSL(Windows Subsystem for Linux)とは、Windows10/11やWindows serverなどのMicrosoft Windowsオペレーティングシステムで、直接Linux環境を実行できる技術です。WSLは、WindowsとLinuxのデュアルモード環境を提要できるため、開発者にとってはとても便利なものです。

WSLは、Ubuntu以外にも、Debina、SUSE Linux Enterprise Server, Kali Linuxなどのディストリビューションをサポートしています。

インストール方法は、Microsoft StoreからインストールできるためWindowsユーザーであれば簡単にインストールができます。

本記事の使用環境
  • ホスト環境:Windows OS 10もしくは11

Windows 10 を使う場合は,Windows 10 の更新を行っておきます。

Windows の機能の有効化または無効化」で,

①「Hyper-V」にチェックする.(これにチェックを行わないとなぜかインストールできなかったです。)

②「Linux 用 Windows サブシステム」にもチェックし, 「OK」ボタンをクリック。

個々で、一度、Windowsを再起動します。

Windows11の場合は、

Windows の機能の有効化または無効化」で,

①「Linux 用 Windows サブシステム」にもチェックし, 「OK」ボタンをクリック。

Windows11の場合、「Hyper-V」にチェックしなくてもインストールできました。

Microsoft Storeから検索します。

すると、以下の3種類のUbuntu Linuxのソフトウェアがダウンロード可能です。

① Ubuntu 18.04.5 LTS

② Ubuntu 20.04.5 LTS

③ Ubuntu 22.04.1 LTS

本家のUbuntuとの最新バージョンの差

2022年11月現在:Windows版の最新WSLはUbuntu LTS 18.04.5がインストールされていました。

一方、本家はUbuntu LTS 18.04.6がイントール可能でした。

Windowsの方は、バージョンが少し遅れてリリースされるようです。

ここで、Ubuntu 18.04.05 LTSを選択し、以下の「入手」ボタンを押します。

インストール方法には、294.8MBほど容量が必要です。

Ubuntu 18.04.5 LTSの起動

そのまま、「開く」ボタンをおすことで、以下のようにrootで起動に成功しました。

コマンドプロンプトが現れていれば、この時点でインストールプロセスは終了です。

実際には、表示が薄いですがコマンドプロンプトが表示されています。

アップデート&アップグレード

最後に、以下コマンドを入力して最新状態にしておきます。

sudo apt-get update
$sudo apt-get upgrade

Ubuntuの終了方法

powershellかMS-DOSプロンプト画面にて、

$wsl --shutdown

と入力することでUbuntuが終了します。このコマンドが入力した段階でWSLのコマンドプロンプト画面が自動的に閉じます。

【補足】WindowsのWSL上でWordPressを利用したい方は以下の記事をご参照ください。

【補足】WSLには更により完全な形のWSL2があります。WSL2のインストールは以下の記事を参考にしてください。

まとめ

本記事のまとめ

本記事のまとめは、

Windows Subsystem for LinuxはWindows10でもWindows11でも手軽にインストールが可能

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です