systemctlサービス管理用のコマンド

この記事は 2 分で読めます。

概要

本記事では、「systemd」と「smstemctlコマンド」を紹介します。

本記事の読者層

「systemd」をご存じない方

1. はじめに

systemctlは、Linuxシステムのサービスの管理や制御を行うための強力なツールです。本記事では初心者向けに、systemctlの基本的な使い方から詳細な機能までを分かりやすく解説します。

2. systemctlとは

systemctlは、Systemdと呼ばれる初期化システムで使用されるコマンドラインツールです。システム全体の管理を担当し、サービスの起動や停止、再起動、ステータスの確認など、様々な操作を行うことができます。

サービス集中管理用のコマンド「systemd」

systemdとは LinuxなどのUnix系のコンピュータで利用されるシステム管理デーモンです。Linuxの起動やサービス管理を行うためのライブラリおよびユーティリティの一式となります。

プログラムsystemdは、プロセスIDのプロセスであり、要求された方法でシステムを初期化します。

systemctlコマンドを使うことでsystemdをコントロールします。

ps -e
  PID TTY          TIME CMD
    1 ?        00:02:50 systemd
    2 ?        00:00:01 kthreadd
    4 ?        00:00:00 kworker/0:0H
    6 ?        00:02:14 kworker/0:1H
    7 ?        00:00:00 mm_percpu_wq
    8 ?        00:00:05 ksoftirqd/0
    9 ?        00:09:55 rcu_sched
   10 ?        00:00:00 rcu_bh
   11 ?        00:00:00 migration/0

がインストール出来るようになっています。

Unitの一覧表示

$ systemctl list-unit-files
<サービス名>の自動起動、無効化
$ systemctl enable/disable <サービス名>

<サービス名>の手動起動、停止
$ systemctl start/stop <サービス名>

Linuxディストリビューションを利用していれば、systemdとsystemctlコマンドを理解することでサーバー管理が理解しやすくなると思います。

まとめ

本記事のポイント

✔ 本記事では、「systemd」と「smstemctlコマンド」について学びました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です