WEBサーバーの導入:Apacheのhttpサーバー構築方法

この記事は 2 分で読めます。
概要

Webサーバーは代表的なインターネットサービスの1つです。中でもApacheは最も広く使われているhttp server用パッケージです。本記事では、基本的なapacheの設定について解説します。

概要

Webサーバーは代表的なインターネットサービスの1つです。中でもApacheは最も広く使われているhttp server用パッケージです。本記事では、基本的なapacheの設定について解説します。

Apache設定 

「Apache」とはApache HTTPサーバーのことを指し、Apache Software Fundationによって開発されているオープンソースのクロスプラットフォームです。

「Apache」はバージョン1からアップグレードされたバージョン2が広く使われています。現在では下記に示すように世界で34%ほど (2021年5月) のシェアを誇っておりNginxと人気を二分するほどです。今回は最新バージョン2.4の使用方法を解説します。

WEBプログラム特徴
Apache
(シェア33.8%)
・全ての動作を平均的にこなす
・動的ファイルの処理に向いている
・技術情報が豊富
Nginx
(シェア33.8%)
・同時接続に強いWEBアプリ
・レスポンスが早い
・静的ファイルの処理に向いている
・技術情報が少ない

最新情報は以下の「ApacheのHTTP SERVER PROJECT」をご参照ください。

https://httpd.apache.org/

Apache2は非常に多機能なサーバーソフトです。その都度、必要な機能だけを組み込めるようにライブラリ(拡張できるモジュール)がいくつか用意されています。

設定ファイルの構成 

確認環境

Linuxのディストリビューション: Linux Ubuntu 18.04 LTS

パッケージバージョン: Apache 2.4.29(Ubuntu)

バージョンの確認

apache2の確認はapache2 -v」コマンドを使います。

$apache2 -v
Server version: Apache/2.4.29 (Ubuntu)
Server built: 2022-06-23T12:51:37

Apacheディレクトリ構造

apacheの設定を行うために、Ubuntu server内の設定ファイルの変更が必要になります。ここでは、Apacheの主なディレクトリやファイルのディフォルト配置を示します。

トップページ/var/www/html
アクセスログ
エラーログ
/var/log/apache2/access.log
/var/log/apache2/error.log
設定ファイル/etc/apache2/apache2.conf

次に、設定ファイルについて詳しく解説していきます。

apacheのログファイル

apacheのログフィあるは、「/etc/log/apache2/」内にあります。

apacheの設定ファイル

Apache HTTP serverでは、「/etc/apache2」ディレクトリにあります。以下コマンドで確認する事が出来ます。

$tree /etc/apache2

(* tree コマンドがなければ、「apt-get install tree」にてインストール下さい。)

関連ファイルが非常に多いので、ここではすべてを示すことは割愛しますが、主に以下に示す設定ファイルがあります。

・apache2.conf
apache2のメインの設定ファイル

・conf-available/
各種Webアプリケーションなどの設定ファイルを配置するディレクトリ

・conf-enabled/
上の設定で実際に使用するものを配置する。


・magic
mod_mime_magicのための設定ファイル。README.etcファイルで「このファイルを触る必要はたぶんない」


・mods-available/
.load(モジュールをロードするために必要な設定が記載されたファイル)や .conf(モジュールを利用するために必要な設定が記載されたファイル)を 保存するディレクトリ. モジュールがインストールさ際にここに書き込まれる。

・mods-enabled/
上の設定で実際に使用するものを配置する。

・ports.conf
どのポートやアドレスでLISTENするかを指定するファイルです。規定値はポート80番を利用しています。

・sites-available/
バーチャルホストに関する設定ファイルを保存するディレクトリ
CGIなどの許可をここで取り付ける。

・sites-enabled/
上の設定で実際に使用するものを配置する。

・envvars
この中にhttpdが起動する前に設定される環境変数

・/var/log/apache2/access.log
クライアントからのアクセスを記録する「アクセスログ」ファイル。デフォルトのアクセスログは「sites-enabled/000-default.conf」に定義されています。

・/var/log/apache2/error.log
エラーを記録する「エラーログ」ファイル

・/var/www/html
HTMLファイルや画像ファイルなどを配置するディレクトリで「ドキュメントルート」と呼ばれています。web無頼座のアドレスを指定した際、このドキュメントルートがトップページとなるようにアクセスします。

設定の書き換え処理

・conf-available/[コンフィグレーション].conf を書き換え後、設定を反映させるコマンド

$a2enconf [コンフィグレーション].conf

・sites-available/[コンフィグレーション].conf を書き換え後、設定を反映させるコマンド

$a2ensite [コンフィグレーション].conf

・mods-available/[コンフィグレーション].conf を書き換え後、設定を反映させるコマンド

$a2enmod [コンフィグレーション].conf

・一括設定の場合はサーバーが一時止まるが、再リロードしても良い。

$systemctl reload apache2

まとめ

本記事のポイント

✔ Apache HTTP serverでは、「/etc/apache2」ディレクトリに、設定ファイルがあります。

・本記事では、apache2のディレクトリ構造について解説しました。

・apache2の各種設定ファイル(configファイル)の設定について解説しました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です