AWSでLinuxを利用する方法

この記事は < 1 分で読めます。
概要

本記事では、AWS(Amazon Web Service)を利用するを紹介します。このAmazon Web Services は、信頼性と拡張性に優れたクラウドコンピューティングサービスで1年間無料もしくは低料金でサーバー機を提供してくれます。AWSでは、Linuxを含めた様々なオペレーティングシステムで利用できます。ここでは、LinuxでAWSを利用する方法の一例を紹介します。

本記事の読者層

ChatGPTを利用できない方

AWSを利用する方法

AWSアカウントの作成について、詳しく説明します。AWSを利用するには、まずAWSアカウントを作成する必要があります。AWSアカウントは、AWSの各種サービスを利用するためのアカウントであり、AWSの管理コンソールにログインするために必要です。

AWSアカウントを作成するには、AWSの公式ウェブサイトにアクセスし、必要な情報を入力してアカウントを作成してください。アカウント作成には、お名前、メールアドレス、クレジットカード情報などが必要となります。クレジットカード情報は、AWSの利用料金が発生した場合に、自動的に請求されるために必要です。

次に、AWS CLIのインストールについて説明します。AWS CLIは、LinuxやmacOSなどのコマンドラインからAWSを操作するためのツールです。AWS CLIを利用することで、コマンドラインからAWSの各種サービスを管理することができます。

AWS CLIをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install awscli

このコマンドを実行することで、AWS CLIをインストールすることができます。また、AWS CLIの設定を行うことで、自分のAWSアカウントとの連携を行うことができます。

amazonの無料枠

amazonの無料枠は以下の通りです。

AWSの無料枠で12ヶ月間利用できます。

まとめ

本記事のポイント

✔ 本記事では、AWSでLinuxを利用する方法について学びました。

AWSの無料枠で12ヶ月間利用できます。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です